不眠症・睡眠障害を鍼灸で改善へ

頭痛・睡眠の悩みで、お困りの方へ

板橋駅前オアシスはり灸治療院
予約 TEL03-5980-7511
AM10:00~PM21:00(月曜休診)

年末年始は予約が混み合いますので、ご予約ご希望の方はお電話でのご予約をお願いします。

只今、初診料無料。当治療は、頭鍼微弱パルス療法(電気鍼)等により、睡眠誘発ホルモンの分泌促進、頭部の著しい凝り・浮腫みを解消し疲労物質の代謝を改善します。

また、身体の過緊張、眼精疲労、脳疲労、ホルモンバランス、自律神経失調を改善します。。

TEL 03-5980-7511

不眠症・睡眠障害以外の適応

こちらの頭鍼パルス治療は、不眠症・睡眠要害の他にも、慢性頭痛、脳疲労、コロナ後遺症、自律神経失調症、うつ前症状などにも効果が期待できます。初診受付中、

コロナ後遺症治療詳細へ

睡眠障害でお悩みの方へ

・夜の寝つきが悪い
・熟睡出来ない、眠りが浅い
・途中で何度も起きてしまう
・朝早く目が覚めてしまう
・寝起きが悪い
・寝ても疲れが取れない

睡眠の最大の目的は、「脳の休息」と「身体の修復」です。最近、よく眠れていますか?

睡眠専門鍼灸の概要

治療コンセプト

~鍼灸医学的な観点から睡眠障害にアプローチ~

私たちは、これまで眼精疲労の患者さんを数多く治療してきました。その中で、「不眠症・睡眠障害」がきっかけで難治性の眼精疲労を来すケースは多く、目の治療と伴に、「よく眠れる心身」の状態へと導くことが、大切な治療であると考えています。

眼精疲労だけでなく、様々な病気の治癒・寛解を目指すうえで、「質の良い睡眠」は欠くことのできない要素ではないでしょうか。

現在、鍼灸業界では、睡眠やメンタルケアの分野で、様々な臨床研究がなされています。最近では、頭皮への鍼刺激によって、セロトニンなどの「脳内ホルモン」の分泌が増幅することが分かりました。

また、頭皮、目や顔などの三叉神経領域への鍼刺激による脳血流の促進、手足のツボ刺激による自律神経調性効果などが、科学的にも実証(エビデンス化)されています。

当院は、最新の研究成果を基に、より実践的な「睡眠専門鍼灸」を行っております。不眠症・睡眠障害でお悩みの方は、是非ご相談ください。

睡眠鍼灸のエビデンス

一般的に、不眠症・睡眠障害に対する治療は、睡眠導入薬や睡眠改善薬による薬物療法が主となっております。一方で、薬には依存性を生じるものや、胃腸、肝臓や腎臓に負担がかかる場合が少なくありません。そのような中、世界では鍼灸による睡眠改善効果に注目が集まっており、各医療機関で様々な臨床研究がなされていいます。

2021年、鍼灸の本場中国にて「不眠症に対する鍼治療の睡眠および併存症状への影響」と題して、手足のツボへの鍼施術が、睡眠に与える効果ついて、臨床研究が行われました。

それにより、鍼灸治療後に患者さんの不眠における自覚症状が改善し、睡眠の質が改 善するという調査結果が得られました。

また、鍼治療は不眠症に対して有効であり、安全の高い補助治療であることが示唆されました。

鍼灸治療により、入眠潜時の減少(早く眠れる)、ノンレムレベル1(浅い睡眠)の割合が減少し、逆にノンレム睡眠レベル3(深い睡眠)の割合が増加した。という結果が得られています。

【引用元】Wang C, et al. Impact of Acupuncture on Sleep and Comorbid Symptoms for Chronic Insomnia: A Randomized Clinical Trial. Nat Sci Sleep. 2021;10;13:1807-1822 

2022年、『睡眠中の自律神経機能に対する鍼治療の効果:と題し、鍼治療が睡眠の質に与える効果についての臨床試験が日本で行われました。

鍼治療によりツボへの浅い鍼刺激により、睡眠時の心拍数が低下し、特にノンレム睡眠時に副交感神経の活動が増加することが示唆されました。鍼治療によって、睡眠中の副交感神経の活動が増加するという結果が得られました。

【引用元】Nervous Functions During Sleep- Comparison with Nonacupuncture Site Stimulation Using a Crossover Design. J Integr Complement Med. 2022;28(10):791-798